のぼり旗の価格

のぼり旗の価格は販売店によって異なりますが、基本的にサイズが大きくオリジナル要素が強い程割高になる傾向があります。

サイズの面は生地代金に関連するのですが、デザインに関しては既製品に文字をプラスしただけでも1文字あたり費用が必要になっています。

またのぼりデザインは既製品が悪いという事ではありません。

むしろ既製品ののぼりは効率を最大限まで高めた仕様になっており、主張が見やすく店の存在感も感じやすくなっています。

デメリットはのぼりとしては良い変わりに他と変わりがないように見られてしまい、専門店で合った場合、存在感を示しにくいということですね。

またのぼりのデザインに関しては大きな文字で存在感を主張する、という事が主な目的となっており、細かいデザインののぼりはむしろ主張がわかりにくい結果にもなってしまっています。

しかものぼりは消耗品であり、強風の地域では数週間で破けてしまう場合もあります。

消耗品と認識した場合コスト意識も必要になってきますので、馴染みのデザインである既製品もありなのです。

のぼり注文の納期に関してもデザイン入稿、プリンターでの印刷、発送のシンプルなものですのでそう時間もかかる事はありません。

染め物のような仕様ののぼりもありますが、そういった特殊な仕様のものは割高になります。

ですが専門性が高く単価が高い品物を扱う店や、和を重視した品物である場合、そういった品の良いのぼりが好まれているようです。

Comments are disabled