人と同じじゃ意味がないのぼり

のぼりは特徴的なのぼりであれば宣伝力も強まっていきます。

しかし逆に特徴がないと宣伝力があまり発揮されないこともあります。

今ではのぼりを大量生産することは簡単にできるようになってきました。

しかし大量生産の裏には没個性化という大きな罠が潜んでいる事もあります。

大量生産だとどうしてもコスト的な問題をいち早くどうにかしようと考えることが多くなり、デザインや大きさが同じようなものになってしまうこともあります。

そうなってくると、のぼりとしての存在感もなかなか出していくことができなくなってしまうでしょう。

他の人とのぼりが同じということも可能性としては決して低くはありません。

自分のデザインを大切にしていくことができないと、のぼりの場合には、大きなマイナス宣伝になることもあります。

自分のところを宣伝していたはずなのに、他の場所を宣伝していたということになる可能性もあることになるでしょう。

そうなってしまっては本末転倒ということになります。

コスト的なものも重要にはなりますが、人と全く同じになってしまうというのは一番避けておきたい要素になります。

どうしても同じになってしまいそうな時には、少し工夫をしてデザインをずらしていくことが必要になるでしょう。

Comments are disabled